立ち並ぶマンション

賃貸にかかる費用

賃貸マンション

賃貸借契約にかかる費用は、賃料、敷金、礼金がほとんどです。 これに加えて仲介業者に対して仲介手数料を払えば他に費用を支払う必要ないのです。 賃貸借契約で必要になる賃料は、初期費用として数か月分を前払いで支払わなくてはいけないことがほとんどです。 敷金と礼金に関しては入居の段階で支払えば後は支払わなくても良いため難しく考えることはありません。 中には、部屋の鍵を交換するための費用を請求されることがありますが本来は賃借人が支出する必要がないものです。 鍵交換など部屋に関する管理義務は賃貸人にあるため、これを賃借人に求めるのは道義に反しています。 実際、現在では鍵交換の費用を求めるオーナーは少なくなっているため、きちんと交渉しておくことが大事です。

賃貸借契約を締結するときには、部屋の管理義務は賃借人ではなく賃貸人に存在するということを認識しておかなくてはいけません。 これは現代の賃貸借だけではなく、昔からそのようになっているのです。 そもそも、部屋の所有権はオーナーに存在します。 部屋を借りているとは言っても賃借人はその部屋を自由に改造してよいわけではありません。 こうした部屋の権利に関する争いは歴史的にも決着が付いており、賃貸人が責任を取らなくてはいけないのです。 仮に、賃貸をした後で部屋に付属されているエアコンや給湯器が壊れたときには部屋を貸しているオーナーが負担しなくてはいけません。 オーナーからそのための費用を請求されても一切支払う必要がないため、知っておいて損はないのです。